07】新生児: ₀₅₎寝かせ方

新生児:寝かせ方
生後1か月過ぎ迄は、昼夜の区別はなく、3~4時間毎に寝たり起きたりしています。
睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進させるために大切です。

✿体や顔が埋もれてしまうようなフワフワな敷布団は避けます。寝返りがしやすい弾力性のある硬めの布団を使います。

うつ伏せ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険があるので、基本的に仰向けに寝かせます
乳幼児突然死症候群は、静かに穏やかに寝ている時に、何の前兆もなく急に呼吸が止まって起こります。
乳幼児は、寝ている時の呼吸にも気を付けます。呼吸が止まっているように見える時は、軽く刺激をしてみても良いでしょう。
必ず目が届くところ寝かせます。
【育児のポイントと健康相談】’15(一部改変)
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*