02】妊娠初期: ₀₈₎流産の前兆,症状と対処法

流産の前兆,症状と対処法

 

流産の前兆:
.生理痛様に、下腹部が重い感じ、張る感じ
茶色のオリモノ(量の出血)
・・・・・・・・・流産の前兆がある時は、2~3~4日間、控えめに動いたり、安静加減にします。それだけで軽快ことが多いです。
・・・・・・・・・それでも前兆が続くようでしたら、服薬したり、自宅安静をします。


出血があるときは、少量の出血でも、危ないことが多いので、特に注意してください。

 

 

流産の症状: 
.生理痛様に、下腹部
赤い出血(中等量~量)
・・・・・・・・・このような、明らかな流産の症状がある時は、入院安静をします。

 

クラミジアや淋菌等の性感染症がある場合は、流産早産の原因になることがあるので、流産早産の症状がある方は念の為クラミジアや淋菌の検査をします。
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………